無線ランセキュリティ

無線ランは通信速度や相互接続性の向上、配線工事が不要で簡単に導入できるなどの利便性、低価格化などで、企業や家庭での利用が増えましたが、無線ランには次のような危険性が存在します。


対象とする製品

市販されている無線ラン製品(IEEE802.11a、802.11b、802.11g準拠製品)

*1:SSID(Service Set ID):アクセスポイントを識別するためのID
*2:WEP(Wired Equivalent Privacy):暗号通信機能
*3:MACアドレス(Media Access Control):ネットワーク機器固有のアドレス


無線ランの有効範囲は建物や敷地といった物理的な境界を超えて電波が届きます。電波の届く範囲内であれば、部外者がデータを受け取れる可能性もあります。ですから無線ランはネットワークへの侵入を試みる攻撃者に狙われやすいものと言えます。このような危険性に注意し、無線ランでのセキュリティ対策を心掛けましょう。


無線ランのセキュリティについての問題点が報告されています。
・WEPの暗号化は簡単に解読されてしまう
・MACアドレス偽造等により、なりすましが容易に行える

ですが、WEPキーやMACアドレス認証の設定は、盗聴や不正利用には効果があります。
攻撃をできるだけ避けるためには最低限の対策として徹底しておくことでしょう。

無線ランのセキュリティ | permalink | - | -
現在表示記事