公衆無線ランとは

公衆無線ランとは、IEEE802.11を中心とする無線ランの技術を応用して、屋外でも免許なしで運用できる2.4GHzの電波を利用し普及しはじめました。現在 カフェやファーストフード・ホテル・駅などでインターネット接続を利用することができます。

現在の公衆無線ランサービス
公衆無線ランサービスには、無線ラン独自の仕様を組み合わせて特定の会員向けにサービスを提供している事業者と、無線ランのセキュリティ機能をほとんど使わず、不特定多数にサービスを提供するものと2通りが存在しています。

前者はある程度ユーザが絞られている場合が多く、待合室・展示会・会議場や企業など、狭い範囲でアクセスを提供しています。後者は、人が集まりやすい場所を中心に、広い範囲にアクセスを提供します。このような無線ランを活用することでインターネットライフがさらに便利になりますね。

公衆 無線 ラン | permalink | - | -
現在表示記事