無線ランの接続

無線ラン接続には、「アドホックモード」と「インフラストラクチャモード」と呼ばれる2種類の接続形態があり、この接続形態によって、無線ランの設定方法や使用機器にも違いがあります。無線ランオプションも、機器に合わせて選ぶと良いでしょう。


インフラストラクチャモード
無線ランアクセスポイントを介して通信を行う方式をインフラストラクチャモードといいます。複数のパソコンが同時にインターネットへ接続できるのがアドホックモードとの違いで、一般的な無線ランの利用形態です。最初に無線ランアクセスポイントに有線ランで接続してファームウェア(ハードウェア制御のために組み込まれているソフトウェア)の設定を行わねばならず、インフラストラクチャモードでは有線ランアダプタやランケーブルが必要になります。


アドホックモード
無線ランアクセスポイントを介せずに、パソコンのランアダプタ同士でデータ通信を行う方式がアドホックモードです。インフラストラクチャモードとの違いは、無線ランアクセスポイントが不要なので、ネットワーク構成は単純なのですが、拡張性に乏しい点が欠点で、2台のパソコン間で通信を行っている間は他のパソコンはそれらと通信ができない点がデメリットとなります。有線ランを混在させる場合は、無線ランを構成しているパソコンのうち一台にルーターの役割を設定せねばならないので面倒な作業があります。

無線 ラン 接続 | permalink | - | -
現在表示記事